SDGsへの取組み

 松尾建設株式会社は、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

SDGsとは

 SDGsは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで策定された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標。
 持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として残さないこと(leave no one behind)などを謳っています。

 

当社の取組み

 当社では、時代にふさわしい企業を目指して積極的に活動し、常に人と社会の未来をみつめながら 時代の変化に対応するバランスのとれた企業づくりを目指すとともに、新事業の推進や技術革新に力を注ぎ、一層の研鑚を重ねながら、 多様なご要望にお応えしてまいりたいと考えています。
 これらの取組みを通して、地域社会の課題解決と持続可能な社会の実現に貢献します。

 

 環境への配慮・生産性向上 / 省エネ・リサイクル

 私たちの生活は物質的には豊かで便利なものとなった一方、排出される温室効果ガスは気候変動をもたらし、また環境汚染物質は水大気環境を汚染しています。当社ではこれらの喫緊の課題に対して、技術や活動を通して環境保護に努めます。

デマンド制御 再生材利用 ZEBプランニング
PC工法 木造木質化 軟弱地盤改良技術
ハイパー耐震工法 品質・環境・安全活動 OPTiM Geo Scan
環境保全

 

 社会への貢献 / 地域社会・次世代の人材育成

 地域の発展や建設業を担う次代の人材育成が不可欠であるとともに、建設業界を活性化させるためには、誰もが働きやすい環境を整備していくことが必要です。当社では建設業の魅力を伝える活動や積極的に女性の採用や子育てママの働きやすい環境づくりも推進しています。

松尾建設技術振興財団 弘学館中学校・高等学校 学生へのしごと説明会
女性活躍推進 社会貢献活動 協力会社との取組み

 

 社会との協業 / 公正な事業慣行・パートナーシップ

 持続可能な企業であるためには、地域における信頼を持ち続けることが必要であるとともに、さまざまな企業や研究機関との協働活動も必要です。また建設業はモノづくりだけでなく、地域を守る役割も担っています。

コンプライアンス 企業・大学・研究機関との協業 災害復旧活動